AnalogManについて

amanlogo.png http://www.analogman.com/

実態の紹介

  • 米国東海岸、ニューヨーク州の北、コネチカット州に所在するエフェクトペダルの専門工房です。
  • Vintageペダルの音を現代に復刻するため、『アナログ』技術を活かした温故知新のペダル作りを行っています。
  • この工房の主宰者が本名Mike Pieraなる人物であり、彼こそが実質的なAnalogManそのものだと言えます。
  • すなわち、AnalogManのペダルとは、Mike Piera本人が精魂込めて仕上げた彼自身の作品であると言えます。
    • ペダルをこよなく愛する姿勢や、音へのこだわり・哲学に共鳴したRE-Jとの間で、2001年9月から国境を越えた交流が始まりました。
    • 2002年2月、TS-9/808/Silver, BD-2/Superを日米同時デビューすると同時に、RE-J Projectの立ち上げがなされました。

代表作

コーラス:Clone Chorus, BI-Chorus (Small Cloneクローン)

  • Electro Harmonix社のVintageコーラスペダル、『Small Clone』に対する引き合いがあまりに多かったことから、AnalogManオリジナル Vintageペダル改良復刻機(Clone)として開発されました。
  • オリジナルペダルの持つ音のニュアンスを求めるプレイヤーニーズに基づく音の分析と調整が施されており、量産品・回路複製品そして本家E.H.社からの再販品とは一線を画した音を持ちます。
  • 音の特徴は、3人の天使が頭の周りをくるくる回るような音の余韻と回転感、そして基本的な音の透明感にあります。
  • 極めて素直な正弦波の揺らぎを持つBOSSのコーラスと比べて、微妙かつ心地よい不規則さと加速・減速感を持つ揺らぎが圧巻です。
  • 当初は復刻改良型Small Cloneとしてデビューしましたが、その後コーラス設定を切り替え可能としたBI-Chorusなどが生まれました。
    • AnalogManへのリンク(英語の解説です。) >>Clone Chorus

コンプ:Comp, BI-COMP (ROSS Comp, Orange Squeezerクローン)

  • ROSSのコンプレッサー(MXRのDyna Compと同等)、Dan Armstrongのオレンジスクイザーというコンプレッサーの代表2機種を基にした、AnalogManオリジナル Vintageペダル改良復刻機(Clone)です。
  • 2台まとめてひとつの箱に収めたBI-COMPもあります。
    • AnalogManへのリンク(英語の解説です。) >>CompROSSor

オーバードライブ:King of Tone

  • AnalogManオリジナルの2チャンネル切り替え型オーバードライブです。
  • Ver.1, Ver.2、幻のVer.3、最新型かつ完全独立の2回路を搭載したVer.4があります。
  • もっと詳しく知りたい方のための解説記事(RE-J日本語解説):King of Tone
    • AnalogManへのリンク(英語の解説です。) >>King of Tone

ファズ:Sun Face (Fuzz Faceクローン)

  • Fuzz Faceの、AnalogManオリジナル Vintageペダル改良復刻機(Clone)です。
    • AnalogManへのリンク(英語の解説です。) >>Fuzz Face

トレブルブースター:Beano Boost (Range Masterクローン)

  • Dallas Rangemasterの、AnalogManオリジナル Vintageペダル改良復刻機(Clone)です。
    • AnalogManへのリンク(英語の解説です。) >>Beano Boost

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last Updated: 2009-03-24 (火) 18:11:17 (3132d)